Intensive English Program

Aloha-! Hikariです~!!!!
Fall semester がやっと終わって冬休みですね、皆さんお疲れ様です:)

今日は先日無事にハワイ島にあるハワイ大学ヒロ校卒業を迎えた私の友達に少しインタビューをしてみたのでそれを紹介したいと思います!
彼の名前は小林克生(コバヤシカツキ)くん!


ムキムキマッチョの彼は2011年8月からハワイ、ヒロに留学、IEPに入りました。
当時のIEPのレベル分けは1から3までで彼は1だったそうです。
それから3セッションでIEPを卒業、2012年のFall semester からHawaii Community Collegeに入学しました。
2015年のFallにHCCを卒業し、転校という形でUniversity of Hawaii at Hiloに入学、そして今回2017Fallに卒業。

約6年半ここで学生生活をしてきた彼に聞いてみました!

Q1.IEPのいい点はどこだったと思う?
A.良い所は、HCCやUHと比べて他の国の人と仲良くなれる機会が多かったり、同じ国の人でも普段自分が関わらない年代の人達とも仲良くなったり、英語だけじゃなくて自分自身の成長を助けてくれるところ。


↑IEPの頃の克生くん

Q2.克生くんの学校生活で一番きつかったことは?
A.テストと課題の量が半端なく多いこと、と一緒に住んでいたルームメイトとの問題もあったような、なかったような…

Q3.この6年半という学生生活を通じで分かったことは何かある?
A. 勉強はできるできないじゃなくて、やれば絶対にできるもの。日本で学生をしていた時は勉強には向き不向きがあるとずっと思っていたけれど、こっちで学生を続けていて思ったのは勉強には向き不向きはなく、自分がやればやった分だけできている、ということ。あとは課題やテストが毎日続いたりした時の勉強の時間マネジメントも大事なことだと分かった。ネイティブのように英語が完ぺきではないので、授業中にしなくてはいけない課題など、みんなと比べてすごく時間がかかってしまうこともあって嫌になるときもあった。けど理解あるクラスメートや先生が必ずそばにいてくれたのでここまでやってこれた!

かっちゃんありがとう!!そして卒業おめでとう!!

ではSee you-!

Hikari