Intensive English Program

IEPの生徒はそれぞれがとても個性的です。様々な国籍、様々な年齢、そして様々な夢。IEPからスタートしてあなたの夢に向かっての第一歩を踏み出してください。

Sachika Nojiri (IEP → HawCC → UH Hilo)

私がIEPを留学先に選んだきっかけは、IEPのblogでした。SNSを通じて授業内容や生活環境を具体的に知れたことで、ここなら安心して留学生活を送れると思い、入学を決めました。IEPの授業では、一回の授業で何度も発言の機会が与えられるので、最初のうちは毎回ドキドキしながら参加していました。セッションを通して、人前で英語を話すことへの積極性がかなり鍛えられたと思います。また、セッションが進んでいくうちに、英語で英語を学ぶことが楽しくなり、日本語で学んでいたときよりも英語に対しての理解が深まっていくように感じました。IEPは少人数クラスということもあって、先生との距離が近く、分からないところをその場ですぐ質問できる環境があることも魅力の一つだと思います。先生方は、分からないことを質問すると、理解できるまで確認しながら熱心に解説してくれます。私はwritingが苦手だったので、writingの授業の後はいつも先生に張り付いて色々なことを質問していました。分からない部分がクリアになり、そこでの学んだことを次の課題に活かせたときは、英語を学習する上での自信につながりました。第二言語を使って物事を学ぶ時には、言語の面で多くの困難が伴いますが、IEPを経験したことで、大学の課題にも柔軟に対応できたり、第二言語を使って学習することを楽しめるようになったと思います。 Read More

Gin Tezuka (IEP → Hawaii Community College →UH Hawaii)

Hawaiiに来る前の私にとって「留学」という言葉は、縁のない言葉の一つでした。「留学」と聞くとまず頭に思い浮かべるのは語学力。中学二年生の頃から私は英語という科目に苦手意識を持ち、高校入試や大学入試のときも克服することができませんでした。
そんな私が留学することを決意できたのは、IEPでの二ヶ月の短期留学でした。キッカケは両親がHawaii好きで、ある雑誌にIEPのコラムが掲載されていたことでした。両親に勧められて、私の留学生活は始まりました。IEPに入学当初は英語がほとんどわからなかった私ですが、IEPの先生は英語がわからない人にもわかるように一つ一つ丁寧に教えてくれます。また、先生以外にもIEPにはハワイコミュニティカレッジへの進学のためのアドバイザーが進学をサポートしてくれます。短期留学をした時、アメリカの教育システムや留学について細かく親切に教えてくれました。当初は、大学に進学など考えていなかった私ですが、IEPでの経験、アドバイザーから教えてもらった留学についての情報、そして何よりHawaiiに住む人達とのふれあいを通して、英語が苦手な私でも自分の好きな分野を学んで、大学卒業を目標に留学をすることができるのではないかと思うようになりました。
二ヶ月の短期留学を終えた私は日本に帰るとすぐ両親に相談をし、Hawaiiに長期留学をする為の準備を整えました。両親も留学を承諾してくれて、帰ってから三ヶ月後には学生VISAを取得し、Hawaii島に戻ってきました。それから五年、IEPを修了し、ハワイコミュニティカレッジを卒業、ハワイ大学に編入をし、無事卒業することができました。生物学と言語学をそれぞれ学びました。生物学は留学を決意したときから学びたいと思っていた学問でしたが、言語学はHawaiiで生活をするうちに「言葉」というものに興味を持ち、大学に入った後に学ぼうと思った学問です。どちらの学問もHawaiiだからこそ学ぶことができる事柄を多く含んでおります。大学を無事に卒業できたのは、Hawaiiという場所の土地柄、そして始めのうちに英語の基礎や海外の大学の仕組みをIEPで教えてもらえたからだと思います。
縁のないものだと思っていた「留学」は、私の人生に大きな影響を与えてくれました。英語が苦手な人でも、自分が得たいものがそこにあるなら留学を満喫することができると思います。英語に対する苦手意識は留学を通して克服することができます。私のこれからのことについては、正直まだわかりません。ただ、留学をする前と今とでは選択肢の幅が広がりました。何事からも「無理」と最初から諦めるのではなく、一度やってみる。そのことがどれだけ大事なのかを、私は留学を通して学ぶことができました。
Read More

Mieko Yajima (IEP → Hawaii Community College)

高校卒業後、まだ見たことない世界に飛び出したかった私は、アルバイトをして貯めたお金で初めてハワイ島に3ヶ月滞在しました。この時は、ただただ海外に行きたいと言う気持ちだけで日本を飛び出しましたが、このハワイ滞在が私を長期海外留学に導いてくれました。ハワイの空気、自然、人々の暮らし方に魅了されたこと、現地の学校に通う生徒さんと出会い、もっと英語で会話ができるようになりたいと思ったことが留学を決意する大きなきっかけでした。日本に帰ってから、カレッジに入るための準備を始めました。しかし、なかなか思うようにTOEFLの点数が取れなかったため、IEPのプログラムに参加することを決めました。IEPの1セション2ヶ月の間に凝縮された内容の濃い授業では、日常で必要な会話力、カレッジで必要なライティング、リーディングの基礎を身に付けることができたと感じています。特に自分の興味のあるトピックを選んで書くエッセイは、エッセイの書き方と文法を学ぶと同時に、自分の価値観や世界観を広げることができたと思います。また、ライティング、リーディング、スピーキング、全てのクラスから、自分の意見を持つこと、論理的に考えることの大切さを学びました。そしてなにより、日本で暮らしていたら出会えなかったであろう仲間ができたこともこの留学の宝物です。個々それぞれの夢に向かって頑張っている姿はいつも私のモチベーションになっています。 今は無事にIEPの最終レベル(level 4)を卒業し、4年制大学への編入を目指しながら、Hawaii Community CollegeでLiberal ArtsとDigital Media Artsを専攻しています。この留学は私の世界を大きく変えてくれました。今まで見えなかった日本の良さや、支えてくれる家族や友達への感謝に気づく事も出来ました。これからも、困難や壁を感じる時もあると思いますが、好奇心を忘れずに色々な事に挑戦し、成長していきたいです。 Read More

Mei Nomura (IEP → Hawaii Community College)

Aloha e kākou!
私は、Hawai`i Community College(HawCC) Hawaiian Lifestyles – Hula学科の学生です。
日本の大学を卒業した後、自分の夢を叶えるためにハワイ留学を決めました。
私の留学生活は、IEPから始まりました。なぜなら、Hawai`i Community Collegeで学ぶためのアカデミックな英語を学ぶためです。また、留学生にとってHawai`i Community College(以下、HawCC)に入学するには、TOEFL iBTのscore 60以上必要なのですが、IEP最上級のレベル4をクリアし卒業すると、TOEFLのscoreなしで入学できるのもIEP入学を決めた理由の一つです。無事にIEPを卒業し、HawCCに入学してからは念願のHawai`iの文化について色んな角度から学んでいます。Hawai`iの植物や、歴史、土地、神話、スピリチュアル、伝統的なクラフト、そしてフラ、ハワイ語を学術的に学べるこの環境に感謝しつつ、とても楽しく毎日学校生活を送っています。Hula学科ということで、よく友人にカレッジのフラ学科について、「フラを踊るだけの学部なの?」と聞かれますが、この学科も一つの準学士の学位が与えられる学科です。フラやHawai`iの文化の授業だけでなく、英語、数学、一般教養の授業も取る必要があります。入学する前は、このHawaiianでないクラスに対し不安がありましたが、いざ、クラスを受けると海外の授業ならではの事や、日本との違い、現地の学生の考え方など、留学生として学べることが沢山で、とても楽しく授業を受けることができました。また、HulaのクラスではHawai`i島の由緒正しいHālau o Kekuhiの系列のUnukupukupuの一員として、Kumu Tangaroからフラを学んでいます。私を含め、何人かの生徒はHawai`i島の現地のHālau(フラ教室)にも所属しています。有名な`Ōlelo No`eau(格言)として、`A`ohe pau ka `ike i ka hālau ho`okahi. 「すべての教えをひとつの教室で得ることはできない」というものがあります。日本だけでフラを学ぶのではなく、ハワイでも。そして、一つのHālauだけでなくHawCCのフラ学科にて違う角度から。この昔から伝わるハワイ人から教え(`Ōlelo No`eau)に従い、ハワイの文化を学べる環境にとても感謝しています Read More

Ayako Onishi (IEP → Hawaii Community College)

Aloha mai kākou!
私はフラがきっかけで、高校卒業後すぐに、Spring 2のセッションから来ました。フラをアカデミックな環境で学びたかったので、世界で唯一、フラ学科(ハワイアンスタディーズ学科)のあるHawCCに行きたいと思いました。その当時の私の英語力ではTOEFLは少し難しかったので、IEPに通うことにしました。まずIEPの良いところは、HawCC付属の語学学校なので、HawCCと同じキャンパスにあるということです。カレッジ入学前からカレッジの雰囲気を感じ、現地の生徒さんとも何かしら関わりが持てます。少人数制の授業で細かいところまで勉強でき、2ヶ月間その気になって集中すれば、きっと上のレベルへ、もしくはIEPを卒業できると思います。授業も午後2時頃には終わるので、宿題をする時間や趣味の時間も持てます。そして何より、留学していきなりカレッジやユニバーシティというのは少し大変かなぁと思います。特に私は高校を卒業するまでずっと実家暮らしで、一人暮らしというものに慣れる時間が必要でした。なので、そのような面でも、IEPの期間は貴重だと思います。Mahalo! Read More

 Nicola Carone (IEP)

目を閉じて、大きく深呼吸をして想像してみてください。木々や花々の自然に囲まれた学校を想像してみてください。そして、経験豊富な先生とたくさんのフレンドリーなクラスメイト、勉強に必要なすべて、コンピューター、教科書、新聞がそろう教室を想像してみてください。それにアロハの気持ちが混ぜられたのがIEPです。私はハワイで美しい思い出を作ることができ、そして今恋しく思っています。私の留学の目標は英語力の向上でした。そして、その結果は思った以上に良いものでした。IEPが英語力以上に私を人として変えたことは良い意味で驚きでした。様々な文化に接して、自分のことや自分の国のことを忠実に説明し、世界中から来たクラスメイトたちの文化や伝統の話を聞くことは現在の偏見のない自分を構成する大きな要素となりました。IEPでの経験のおかげで、世界の別の部分を垣間見ることが出来ました。 私の6ヶ月のパラダイスでの生活は、短いものではありましたが自分が今まで生きてきた場所で学んだこと以上のものを教えてくれました。私が初めてアロハスピリットを感じたのは学校初日にコーディネーターのスティーブンのオフィスに初めて訪ねていった時のことでした。説明するのは難しいのですがその日のこと、感じた気持ちはすべて覚えています。私は長旅の後で疲れていましたし、新しい生活に不安も感じていましたがほんの数分の内に、リラックスして彼と話すことを幸せに感じていました。その気持ちは毎日、6ヶ月間続きIEPにいれたことを幸せに感じました! Read More

Saori Takehana (IEP)

ハワイ島にいた10ヶ月間は、私にとってなんて濃厚で新鮮で経験深かったのだろう、と改めて実感しています。私はIEPに行く前年、ホノルルで1ヶ月ホームステイ&語学学校に行っていました。しかし全く上達もせず、何を学んだのかさえも分からず帰国をしました。そして縁あってIEPと出会い、ここでもう一度やってみよう!と決心したのがきっかけです。今回の私の留学最終目標は、英語で不自由なくコミュニケーションができるようになること。進学は当初からなかったので、少しIEPの内容に不安もありましたが、全くそんなのは気にすることはなかったです。要は、自分の気持ち一つでした。もちろんアカデミックな内容でしたが、各授業は一貫性があり、もし自分がこれから英語に関わる生活をしていくのであれば必要不可欠な内容だったと、日本に戻った今、余計に感じています。
私はレベル2からスタートをし、最後レベル4にいる自分は、英語スキルが上達したと自分で分かるくらいでした。特にレベル4は私にとってかなりハードでしたが、英語を勉強している!という意識が一番上がったことは間違いないです。私は分からないと先に進めない質でしたが、各クラスの先生は、親切にとことん付き合ってくださいました。10ヶ月間で、普通に日常会話はできるようになったと思います。また、フラやウクレレの課外授業を受けたり、Language exchangeに挑戦したりと自分の可能性を試すいいチャンスもありました。クラスメイトだけでなく、IEP全体で仲が良くいろんな年代の友達ができました。時には英語で悩み相談をし、恋愛の話をし、休みの日に出掛けたりetcと、日本では味わえない経験ができました。IEPのスタッフの方は、学校生活のことからプライベートなことまで真剣に話を聞いてくれて、孤独を感じることなく過ごせました。みんながOHANAでした!最後に、この留学を通して感じたことは、IEPの環境は目標を持って勉強をするには最適だと思います。Hiloは余計な誘惑のない小さな町ですが、大きな自然と、のんびりとした雰囲気と人が、きっと素晴らしい経験を私にもたらしてくれたんだと思います。また帰りたい!、そう思える素敵な場所です。Mahalo. Read More

Kaoruko Sato (IEP)

念願の語学留学が果たせ幸せな10ヶ月間でした。まさか、この私がこんなにも充実した日々を過ごせたなんて!もし、日本にいたままなら決してできなかったであろう沢山の経験と出会いに恵まれ夢のような毎日だったような気がします。毎朝窓を開ける度に青空とマウナケア、そしてLagoonを眺め、大自然に感謝し、夜はコキフロッグの鳴き声を聞きながら懸命に机に向かって勉強。これほどに英語に没頭できることの喜びを感じられたことがあっただろうかと日々自問自答していました。夢は実現しなければそれまでで、観念の遊びで終止してしまいます。私は幸いにもこちらに在住して、IEPを卒業した友人の支えで、Hawaii留学を果たせました。この経験を通して思うのですが、沢山の人との出会いとpassionとactionが夢の実現のsourceなのではないでしょうか。
私が最初の一歩を踏み出したのは2016年1月8日のことです。そこでまざまざと見せつけられたのが、自分の英語力のなさでした。もう少し聞けて話せるのではないのかと思っていた自負心に反して、先生の話が1/3ほどしか理解できなかったのです。単語を拾うことはできても、それをconstructすることがなんと難しいこと。おまけに自分の言いたいことが表現できず、frustrationがたまるばかりで、困頓とした日々を送っていました。そんな私を見て「大丈夫、最初はみんなそうだから。」と声を掛けてくれたのが、CoordinatorのStevenでした。その言葉に救われ、少し安心したものの、その後の数週間は脱皮できず、毎日ひたすら英語を聞き通して耳を慣らすことのトレーニングを続け、夜は枕元でYouTubeの英会話を流し、聞きながら眠りにつくようにしていました。また、現金が必要になると、あえて、ATMを使わず、銀行のカウンターに行きbank clerkと直接話をするようにしたり、休みの日には生の英語を聞きにスーパーに出かけ、ちょっと世話好きなおばさんに料理の仕方を聞いたりとあの手この手を使った勉強方法を試みました。そして、3週間が過ぎた頃あらっ?と思う変化が現れ、授業の内容がclearに聞き取れるようになったのです。そうなってくると会話が楽しくなり、質問もしたくなるのです。それと同時に元来の好奇心が頭をもたげ始め、休日にさまざまな国の友人とcookingを楽しんでみたり、地元の人とBBQパーティーをしたりと毎週忙しく飛び回っていました。お蔭で、アパートのオーナーからは”Party girl”とnicknameを付けられてしまったくらいです。以前から英語漬けの生活を夢見ていたので、こんな幸せなことはありませんでした。日本人以外の友人と言葉でつながる喜びを実感できたのですから。そして、volunteerも私の英会話上達の助けになりました。UH(ハワイ大学)での日本語クラスのアシストやMauna Keaでのstar gazingのガイド、Volcanoでのnon-native species plantsの駆除、そして3ヶ月間の日本語学校の教師、どれも私にとっては貴重な体験と英会話の場でした。VolcanoでのvolunteerはHawaiiのTribune Herald新聞に思いがけなく掲載され良い思い出になりました。また、先生方のアドバイスは私への大きなアシストでした。「あたなの頑張っている姿は、私達はみんな知っているからね。」と声を掛けてくださる先生や、日本人の友達といるほうが楽になりかけている気の緩みをすかさず指摘して「ここはハワイなのだから自分で英会話のチャンスを見つけることはいくらでもできるのよ。」とstrictに注意を促してくれる先生、”Step by step”と後押ししてくださる先生。それぞれの立場でアドバイスを送ってくれる先生方やスタッフの方のお陰で留学生活をより充実したものにできたことを本当に感謝しています。そして、さまざまなところでの出会いと経験は私のfuture navigatorとなりました。”Nothing happens without a cause.”(出会ったすべてのことに意味がある)&”We don’t receive wisdom.” (知恵は授かるものではない)こんなことが今まさに実感できるのです。Physical strength(強い体力)とclear object(明瞭な目的)、setback(少々の挫折)に負けないcourage(勇気)とhope(希望)を持つことでその結果必ずtangible and intangible(有形無形の恩恵)を授かるのだと思います。こんなにも素晴らしいexperienceを多くの人に味わってもらいたい気持ちいっぱいです。最後にFrom the bottom of my heart, I would like to say thank to Steven, Eri, all teachers, and my friends who met in Hawaii. Read More

Nai-Hsin Hsieh (Nancie), Taiwan (IEP → Hawaii Community College)

こんにちは、みなさん。IEPにようこそ。私の名前はナンシーです。台湾出身です。Hiloにはもう2年いますがその間の1年をIEPで過ごしました。高校を卒業した後、英語力を向上させたいという夢がありました。また、留学することも私の夢で、Hiloにやってきました。ハワイは英語を学ぶのに適した場所だと思います。様々な国からやってきた人と友達になりました。IEPを卒業したらハワイコミュニティカレッジでホスピタリティとツーリズムが私の専攻になります。IEPで勉強したことはとても良い経験になりました。もちろん、勉強だけでなくこの島を楽しんでいます!

Maya Ishikawa (IEP → University of Hawaii at Hilo)

私の夢は地質学者になることです。私が中学生の時にハワイ島で見たボルケーノ(火山)に感動し、それ以来、ハワイ島でボルケーノについて勉強することを熱望していました。しかし、私の英語のレベルがハワイ大学ヒロ校の授業を受けるレベルに達していなかった為、初めにIEPで勉強することを決意しました。
IEPの授業では、基本的なライティングやリーディング、リスニング、またスピーキングスキルを得ることができました。他のIEPのアクティビティでは、地元のクラブの方がIEPを訪れ、お話をする機会があり、英語だけでなくハワイアンカルチャーや歴史も学ぶことができました。また、IEPで他の生徒やチューターとも仲良くなり、IEPを卒業後も一緒にテニスをしたり、週末にパーティーをしたり、今ではヒロにとてもたくさんの友達がいます!!私はこのプログラムをとても楽しみ、また、IEPを通じて、先生方や他の留学生から様々な事を学びました。そして、私はハワイ大学ヒロ校でハワイの火山について勉強するという夢を叶えました! Read More

Yossakorn Taveekaew (IEP)

私はタイで銀行員として長い間働いていましたが何か新しいことをしたいなと思っていました。ハワイに来て英語を勉強するということは大きな決断でしたが、その変化をとても楽しんでいます。美しい大自然とハワイの天気が大好きです。英語力をつけたらハワイコミュニティカレッジで勉強したいと思っています。ホテルコンシェルジュとして働きたいと思っています。銀行員からコンシェルジュというのはとても興味深い変化だと思いますが新しいことにチャレンジするのは楽しいです!

Emi Kawashima (IEP → Hawaii Community College)

IEPには英語を学ぶために入学しましたが、それ以外にも二つの目標を持ってやってきました。一つはハワイコミュニティカレッジでマーケティングの学位を取ることです。もう一つは将来のキャリアのためにアメリカで働く経験を得ることでした。大学に入って2年目に、キャンパスで仕事を始めました。また、OPT(オプショナルプラクティカルトレーニング)にも応募し、OPTで卒業後も大学で働きました。OPTの有効期限が切れるとき、大学が私のH1Bビサのスポンサーとなってくれたのです。毎日新しいことを学び、新しい経験をしています。IEPで勉強することを決めていなければ私の目標を達成できていなかったに違いありません。

Miya Shibano (IEP → Hawaii Community College)

JICA(国際協力機構)にシニアボランティアとして応募したいと思ったのが英語を学ぶきっかけでした。友達がHiloは快適で古きよきハワイの町であることを教えてくれました。勉強に適した場所だということでIEPで勉強することを決めました。45年以上も英語を勉強していなかった私にとって大きな挑戦でしたが、私の妻が勇気付けてくれまして、ハワイでの留学に送り出してくれました。私の英語力で、一番下のレベルになりました。目標を達成できるかとても心配になりましたが、IEPの講師の一人が私の心配を吹き飛ばしてくれました。彼女は私の目を見て、”心配しないで、すべてはうまくいく”と言ってくれました。まだその時の彼女の優しい目を思い出せます。IEPの講師皆はとても素敵で英語をとても根気強く、上手に教えてくれました。とても明るく、生徒のために授業をとても楽しいものにしてくれました。日本に戻ってからホンジュラスでのシニアボランティアに申し込みました。テストに合格し、現在補欠として待っています。目標達成が見えてきました!留学生活は私の人生の中でもとても楽しく、充実した日々のうちの一つです。英語を勉強するには遅すぎるかなと最初は思ったのですが、自分に挑戦することは自分自身を向上させる素晴らしい宝だと気づきました。 Read More

Marco Rychlik (IEP)

IEPを卒業してから、2つの仕事をテクノロジー関係の仕事と教会での仕事に就きました。テクノロジー関係の仕事ではツールマネージメントとプログラミングをやっています。英語の能力は機械のマニュアルを理解する等、様々なタスクに役立っています。教会では世界中からポッドキャストを通して英語で情報を得ています。両方の仕事は英語力が必要でIEPでの経験はとても役立ってくれています。IEPで勉強した時間はとても良い時間でした。人々はフレンドリーで、IEPの講師は上手に教えてくれます。教室もカレッジ内というのが気に入っていました。IEPの生徒の明るい雰囲気が大好きでした。Hiloという町は本当に美しかったです。もちろん、ハワイという場所が美しいですね。戻りたいです!